メイドイン農家(農産加工品)

【3本】宮沢さんの11種の完熟りんごジュース(長野県 特別栽培りんご 1ℓ×3本)
【3本】宮沢さんの11種の完熟りんごジュース(長野県 特別栽培りんご 1ℓ×3本)
【まるで日本のプロヴァンス】 長野県下伊那郡松川町 標高800mほどのとてもみはらしのよい高台に 宮沢さんのりんご畑はあります! そこはまさに日本のプロバンス✨ 【おいしいpoint】 ①標高800mの高原地栽培なので朝晩の寒暖差で糖度だけではなく旨みもグンとUP⤴ ②特別栽培で農薬は極力抑え、有機肥料のみで栽培しているのコクと深みがUP⤴ ③樹上完熟したりんごをもぎたて&皮ごと搾るので旨みと香りがUP⤴ ④ふじ、ジョナゴールド、紅玉、つがる、王林、しなのゴールドetc             11種類をブレンドしてるので深みと余韻up⤴ ⑤1本でりんご約10個前後!簡単便利においしさ吸収up⤴ 【ライラック農園の由来】 宮沢さんの農園はライラック農園と言います。 もともと一代目の父母が開拓した頃は父の名前から農園(やまとのうえん)という屋号だったそうです。 それを二代目であるお父ちゃんが就農してから、学生時代の友人に頼んで北海道からライラックの苗を取り寄せ、果樹園の道沿いにずらりと植えたのを機に改名しちゃったんです。 広大な北海道を連想させ、また「来luck」あるいは「来楽」などとおやじギャグ的な語呂合わせが由来のようです。 当時植えたライラックは結構大きくなって並木になり、色とりどりの花が楽しめましたが、道路の改修や畑の整備などでだんだん減ってしまい、今では白の数本を残すのみとなりました。
¥ 2,980
【ベジバルーン(3月)購入者限定追加購入可能】ケロっ葉せんべい✖2 (富士見堂)
【ベジバルーン(3月)購入者限定追加購入可能】ケロっ葉せんべい✖2 (富士見堂)
お米の味のするせんべい 東京都青砥 富士見堂 【ケロっ葉せんべい✖2p】 (国産減農薬米 化学調味料・着色料・保存料不使用) アレルギー: なし  賞味期限: 製造から90日 原材料: うるち米(国産)、植物油、ケールブロッコリー(ケロッコ)、食塩、干椎茸、昆布、干帆立貝 ケールとブロッコリーが結婚してできた新顔野菜「ケロッコ」 そのケロッコの葉を使用して栄養たっぷりのお煎餅を作りました。 サックリと揚げて、あっさり塩味は苦みが特徴の野菜も食べやすくしてくれます。 ひとくちで食べられるサイズは小さいお子様のおやつにもおすすめです。 注文締め切り:本日限り 3/14(日) ※旬の野菜セットベジバルーンセット(3月)発送時に同梱してのお届けになるため ベジバルーンセット(3月)購入者以外はお買い求めできませんのでお気をつけくださいませ。 ベジバルーン(3月)にはケロっ葉せんべいが1pは入りますので、こちらを追加購入すると 1p+2p=3pになります。 【富士見堂】 東京下町、葛飾区青砥で65年以上の歴史をもつせんべいブランド ”次の世代の子供たちへ 米の味がする煎餅を”   富士見堂はそんな思いで煎餅を作っております 生地となるお米は、減農薬米を玄米のまま仕入れ 自社で精米を行うことで、米の風味を損なわないようにし 使用している素材は、ひとつひとつの材料がそのまま食材として使っても美味しいものを あえて煎餅の材料として使っています それらの素材をいかし職人がすべて手作業で作っております 今や生地づくりから自社で行う煎餅屋は希少な存在となってしまいましたが 昔ながらの本来の煎餅の味や煎餅づくりの技を、後世に伝えていきたいと考えております。 ひとつひとつの材料がそのまま食材として使っても美味しいものを あえて煎餅の材料として使っているのでお子様にも安心して召し上がれます。
¥ 960 SOLD OUT
【12本】宮沢さんの11種の完熟りんごジュース(長野県 特別栽培りんご 1ℓ×12本)
【12本】宮沢さんの11種の完熟りんごジュース(長野県 特別栽培りんご 1ℓ×12本)
【まるで日本のプロヴァンス】 長野県下伊那郡松川町 標高800mほどのとてもみはらしのよい高台に 宮沢さんのりんご畑はあります! そこはまさに日本のプロバンス✨ 【おいしいpoint】 ①標高800mの高原地栽培なので朝晩の寒暖差で糖度だけではなく旨みもグンとUP⤴ ②特別栽培で農薬は極力抑え、有機肥料のみで栽培しているのコクと深みがUP⤴ ③樹上完熟したりんごをもぎたて&皮ごと搾るので旨みと香りがUP⤴ ④ふじ、ジョナゴールド、紅玉、つがる、王林、しなのゴールドetc             11種類をブレンドしてるので深みと余韻up⤴ ⑤1本でりんご約10個前後!簡単便利においしさ吸収up⤴ 【ライラック農園の由来】 宮沢さんの農園はライラック農園と言います。 もともと一代目の父母が開拓した頃は父の名前から農園(やまとのうえん)という屋号だったそうです。 それを二代目であるお父ちゃんが就農してから、学生時代の友人に頼んで北海道からライラックの苗を取り寄せ、果樹園の道沿いにずらりと植えたのを機に改名しちゃったんです。 広大な北海道を連想させ、また「来luck」あるいは「来楽」などとおやじギャグ的な語呂合わせが由来のようです。 当時植えたライラックは結構大きくなって並木になり、色とりどりの花が楽しめましたが、道路の改修や畑の整備などでだんだん減ってしまい、今では白の数本を残すのみとなりました。
¥ 10,560
〒242-0008 神奈川県大和市中央林間西6-9-5
TEL: 070-4430-6210
E-mail:balloon@mirakuru-food.com